ハイスペ婚活

客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)×ハイスペック男子の婚活

客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)×ハイスペック男子の婚活

客室乗務員(キャビンアテンダント:CA)、かつてはスチュワーデスと呼ばれた花形の職業ですが、現在でも結婚したい相手の職業ランキングでは常に上位にいます。本当にCAと結婚したい人はどうすればいいのか、なかなか職場以外の出会いがなさそうなこの職業について、ここでは考えていきたいと思います。

CAを取り巻く現状

待遇が良かったのは昔の話?

CAは女性がなりたい職業で収入も待遇も段違い、そういうイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

かつては年収1000万円以上のCAもざらにいたと言われていますが、現在はそうでもないようです。またスチュワー「デス」という女性名詞からCAに変わったのは、当然男性もなれるようになり実際に(少数ですが)働いている人がいるからです。

とはいあえここでは女性のCAについて考えていきたいと思います。

CAの年収ですが

年収ラボ

によると平均 471万円(平成27年調査)

ここ数年はほぼ横ばいという感じです。この数字は実は看護師の平均年収(約470万円)とほぼ同じ額になっています。CAは「選りすぐりのエリート集団」というイメージがありましたが、この結果はどうでしょう?。とはいっても女性の平均年収よりもはるかに高いことは事実ですが、かつての年収よりもかなり右肩下がりになっています。これは様々な要因が関係しています。

・正社員以外の契約社員の増加

「CA」という資格があるわけではありません。かつてはほとんど正社員として雇用していましたが、契約社員からというケースが増えています(3年契約社員で正社員になる)。当然契約社員だと基本給も低いですし、ボーナスがない、各種福利厚生が正社員と比べて薄いということによります。

規制緩和によって正社員でなければならないということがなくなりました。人の命を預かるのにそれでいいのか、という議論は根強いです。

・格安航空会社の参入

かつてはJALとANAで独占していた国内航空業界ですが、それ以外の航空会社の参入が激しくなっています。サービスよりも格安であることを重視するこれらの航空会社のCAは、大手と比較して収入が少ないのです。

・外資系のCAになる人の増加

国際線であれば外資の航空会社のCAになる人もいます。外資だから収入が低いということではありませんが、日本企業以上にドライな契約をするところもあります。そういうところのCAの待遇はあまりよくないでしょう。

・JALの経営再建問題

2大航空会社の1つであるJAL(日本航空)が経営破たんをして、公的資金によって再生されたことは広く知られています。普通の企業ならばそのまま倒産でしたが、インフラを担うので倒産させられなかったわけです。

その過程で高かったJAL全体の給与体系が限界まで引き下げられました。ANA以上にJALのCAの収入が下がっていることが理由になります。その過程では航空業界全体へのイメージも下がってしまいました。

厚生労働省の資料によると、「正社員のCA」の平均年収は約650万円であり、まだまだハイクラスの職業であると言えるでしょう。「大手の正社員のCA」ならばかつてのイメージなのかもしれません。

激務でブラック!?

ブラック企業が問題になっていますが、CAも大変な激務です。特に国際線のCAになると数日機内にいることもありますし、時差によって体内時計はボロボロになります。

風邪を引いたから休みますといっても代わりの人が絶対に必要ですので、別のCAが急遽
フライトに同行することもあります。当然、休みを予定していたり、この日は早く帰ると考えていたりしても仕事なのでやらなければなりません。

また航空業界全体の労働時間の多さも問題になっています。収入が高いということはそれだけ激務であることの裏返しでもあります。

求められるサービスの多さでストレスがたまる

「『客室』乗務員」であり、ハイクラスのお客様に対して最高級の接客をすることが求められます。CAの研修は非常に厳しいわけですが、それを耐えても実際の接客、接遇では大変なストレスを感じることでしょう。

皆さんがいいお客さんであるとは限らず、わがままな人や理不尽なことを言ってくる人もいます。それに耐えるわけですから当然かなりのストレスとなります。

また、同業者がほとんど女性なので、同性間でのギスギスもあります。その点は看護師などとよく似ているのですが、より外見などの要素が求められる職業ですので、「女性的な感情のいろいろ」がたまっていくことになります。

出会いが意外とない

CAはモテるのでは?と思いますが、実際は出会う機会が少ないようです。その点もやはり看護師と似ています。

  • 職場の同僚が少ない(看護師以上にCAの男性は少ないです)
  • パイロット、空港スタッフとのうまくいくケースが少ない
  • 休みが他の職業の人と会わない
  • 昼夜逆転した生活で婚活どころではない
  • 自分で食べていけるだけの収入がある

単に休日が安定しないのであれば何とかなりますが、勤務時間も不安定なので日中寝ないといけないこともあります。そんな中で婚活をするのは相当ハードですよね。ですので、出会いの機会がないんです。困りましたね・・・。

CAと結婚するメリット

CAと結婚するとどんなメリットがあるのでしょうか?単に「イメージがいい、自慢できる」以上のものがないと男性も頑張れないと思います。

イメージ、収入以外のメリットは以下になります。

□語学力に優れる

国内線も含めて語学力がないとCAはできません。CAである時点で一定レベルの語学力(特に英語)があるわけで、将来的にそういう人と生活できれば色々豊かになってくはずです。

□人との応対が上手

最高レベルの接遇、おもてなしを実践している人たちですので、対人コミュニケーションスキルは非常に高いものがあります。家庭でもそれを求めるのは酷ですし、求めたらいけないと思いますが、いざというときには(対親戚や対近所、外部とのやり取り)そのスキルが役に立ちます。

接客のプロが妻だと何かと頼もしいものです。

□自立している

CAという職業を選んだ時点で、「女性は家庭で」的な価値観がない人だと分かります。自立してバリバリやりたい人が多いので、そういう価値観の人と結婚したいのであればCAを探すというのがいいでしょう。

CAと結婚するデメリット

上で書いたようにCAが激務でストレスが多いという職業的な特徴があります。代わりに収入が高いのも事実ですが、結婚して以降を考えると、問題になるのが出産、子育てです。

機内という特殊な環境で働くので、普通の人以上に妊娠が分かってから以降は(機内で)働けなくなります。航空会社はしっかりしているので、産休、育休は取れると思いますが、復職しようと思っても、CAの勤務体系だと子育てに支障が出そうです。

通常の職場だと、配慮して定時勤務ということができますが、定時がないのがCAです。国際線に乗ってしまえば数日返って来られません。その間子供のお世話を誰がするのか、夫の協力があっても大変かもしれません。

CAと比較されやすい看護師の場合、元いた病院へ復職しなくても

  • 夜勤などがないクリニック勤務で定時勤務
  • 家の近くにも職場(病院、クリニック)はたくさんある
  • パートやアルバイトなどの時間勤務も可能

子どもが大きくなるまでは近所のクリニックで、日中だけ、週3日だけのような勤務が可能でどこでも潰しが利くのが看護師なのですが、CAはどこでもできるわけではありません。

CA勤務が大きな負担になる場合

  • CAではなく地上職(グランドスタッフ)や事務職などに配置換えを希望する
  • 辞めて別の仕事を探すか主婦になる

以外の道がないんですね。語学力などを生かして職探しはできますが、CAそのものが売りになるのは難しいと思います。妊娠、出産後の働き方で大きく悩んでしまうのがCAです。

CAが婚活するときに有利なこと

色々大変そうですが、CAが持っているおしゃれでハイクラスなイメージは揺らいでいません。つまり、PRする場所を間違えなければ婚活に有利になります。

具体的には超ハイクラスの男性ならば釣り合いますし、出産後の懸念もありません。CAを続けたいのであれば可能な方法を相談すればいいですし、超ハイクラスであれば共働きせずに専業主婦でもいいわけです。

言い方はあまりよくないのですが、「妻の職業がCAだ」というより「元CAの女性を妻にした」というステータスが欲しい男性が多いんです。「CAと結婚した」という事実が大切という男性ならば、結婚後の面倒を見てくれるはずです(それがいいかどうかは別ですが)。

超ハイクラス男性であれば、様々なものを受け入れる度量と懐の深さがあるということになります。

具体的なCA婚活の方法

というわけで婚活の方法です。通常の婚活パーティーなどは時間も会わず難しいと思います。せっかくなのでCAに特化した婚活をするのをおススメします。

W‐PREMIUM(ダブルプレミアム)

CAの女性とハイクラスの男性のみをマッチングさせる婚活サイトです。入会には条件があります。

・女性

20歳~34歳の現役の客室乗務員(CA)だけです。年齢制限があるのがポイントです。

よくある「○○に特化した婚活サイト」のように○○以外の職業の人も実は入会できる、というものではなく本当にCAしか入会できません。入会時には本人確認書類の他にCAであることの証明(航空会社の社員証や保険証)を提出していただきます。

・男性

ハイクラス男性のみです。具体的には、医師 or 歯科医師? or 経営者 or 弁護士or 会計士 or 税理士 or 上場企業 or 大手企業?or 国家公務員 or 年収800万円以上のいずれかの人しか入会できません。

※なお、会員割合ですが2016年6月の数字で
医師20%、経営者12%、大手・上場46%、国家公務員10%、年収800万円以上8%、士業4%
となっています。

公的資格証(医師免許、弁護士免許)や源泉徴収票、社員証などを提出していただき、本当にその条件に合致するのか厳格にチェックします。男性も年齢制限があり、39歳までしか入会できません。かなり他の婚活と比べて厳しい条件だといえます。

さらに男性の場合写真審査があります。イケメンでなければならないということではないのでしょうが、ダサい人はここで落とされることになります。

・活動方法

毎月5名の異性が紹介されます。気に入った人がいれば申し込んで双方OKならば2週間専用システムでやり取りができます。その間に連絡先を交換したり、実際に会う約束をしたりしてください。

オプション(有料)になりますが、初回だけ「お見合い」をセッティングしてもらうことも可能です。スタッフの方が同行することもできます。

双方気に入れば交際になり、後は通常の婚活サイトのようにお付き合いしていくことになります。

・会費
女性 完全無料
男性 年齢に応じて差があります。若い人ほど安くなっています。
Aコース 入会金があり月会費が安い
Bコース 入会金無料だが月会費が高い

から選択します。自分に自信があるならばBコースになりますよね。

<男性の費用>
20歳~27歳 Aコース

入会金: 40,000円 
月会費: 7,000円

Bコース 入会金: 無料 
月会費: 18,000円
28歳~35歳 Aコース 入会金: 60,000円 
月会費: 8,000円
Bコース 入会金: 無料 
月会費: 20,000円
36歳~39歳 Aコース 入会金: 80,000円 
月会費: 10,000円
Bコース 入会金: 無料 
月会費: 23,000円
・メリット

男性は100%CAの女性の中から選ぶことができる
女性は「ハイクラスの男性かつ顔がいい」男性の中から選ぶことができる

特に女性は完全無料で婚活できるので、CAの方はとりあえず入会しておくで構わないと思います。メリットしかなさそうです。

エイム

大手仲人型結婚相談所系列ではなく独自に行っている独立系結婚相談所です。代表が元CAということで独自のネットワークを持っています。男性は入会条件があり、年収500万円以上が必要です。

月会費や成婚料などはなく、毎月決まった人数(6名)の異性が紹介されます。HPに詳しい記述はないのですが、女性は無料ないし格安で活動できそうです。

費用は男性側が高くて
CAだけの紹介を希望するコース 約28万円
CA以外の女性も希望するコース 約19万円

を支払います。早く決まればキャッシュバックされる制度もありますのでご安心を。

スタッフ同行でお見合い

双方OKならば連絡先交換

交際

結婚(成婚料はないので)

となります。

□「CAに強い結婚相談所」

仲人型結婚相談所の中には「CAプラン」のように、特にCAの方に入会してもらいたいため優遇しているところがあります。

「CA 結婚相談所」などで検索して出てくるところがそれです。日々激務なCAの人向けに独自のアドバイスなどが受けられることがあります。

ただし、「CA専門」ではないですし、相手の男性は共通のデータベースからの紹介や申し込みになります。

また、CAと結婚したい男性の場合はこうした結婚相談所に入会する必要はありません。その(CAに強い)結婚相談所の会員女性と必ずしもお見合いをしなくても、全国のデータベースからいくらでも検索できるからです。

CAの女性側のみ
  • 他の仕事の女性と比べてお得なプランで入会できる
  • CAの婚活についてアドバイスされる

と思ってください。

代表的な「CAに強い結婚相談所」をいくつか挙げておきます。

結婚相談所 I Vision

IBJ系列の結婚相談所で、CAの方はお見合いし放題コミコミプランがあります。

ETERNAL SKY

ETERNAL SKY
ETERNAL SKY アメブロ

元CAが代表を務めるIBJ系列の結婚相談所です。

Dreams Skyward

Dreams Skyward
Dreams Skyward アメブロ

代表自身が、海外に赴任中のCAという異色の結婚相談所です。日本国内だけではなく、海外勤務のCAの相談にも丁寧に乗ってくれるはずです。

CA限定だと必然的に相手はハイスペ男性になります

ここで紹介した婚活サイトや結婚相談所ですが、「CA限定」とつくだけで相手の男性には相応のスペックが必要だということが分かりました。

これで事業として成立しているわけですから、ハイスペ男性の中ではCAは大人気で、その(CAの)過酷な勤務をカバーできるだけの財力や社会的な地位があるということです。全てのCAの女性が「ハイスペ男性じゃなきゃ嫌だ」というわけでもないのでしょうが、せっかく苦労してCAという職に就いたのならば、それを有効に活かせる婚活をしてみるのもいいのではないでしょうか?

男性もハイスペならばCAにターゲットを絞った婚活が可能になります。

CAとハイスペック男子の婚活ガイド まとめ

  • CAは華やかなイメージとは裏腹に激務でストレスにさらされる職業
  • 契約社員の増加や格安航空の参入で平均収入は下がっている
  • CAを結婚相手に希望する男性は多く、以前として根強い人気がある
  • CAは不規則勤務なので婚活が難しく出会いがない
  • CAに特化した婚活サイトや結婚相談所がある
  • CA専門の婚活に登録できる男性はハイスペックな人に限られる
  • CAと結婚したいのならばハイスペックでないと大変